【ドキドキさせる?】リビドーロゼの魅力を引き出す効果的な使い方とは

リビドーロゼの魅力を引き出す効果的な使い方とは?

 

ベッド専用香水として大人気のリビドーロゼですが、効果的な使い方をすることによって男性の反応も変わってきます。

 

 

彼氏やご主人だけでなく、片思いの彼や、合コンで出会った素敵な男性でも・・・

 

その使い方を紹介しますので是非試してみてくださいね。

 

 

通常の使い方→ベッドタイムの前につける

 

 

リビドーロゼはベッド専用香水というキャッチフレーズ通り、ラブタイムの前にうなじや胸元、そして太ももの内側につけてください。

 

効果はラブタイムに合わせていますので1〜2時間持続します。

 

しかし、片思いの彼を振り向かせたり、合コンに行くときの効果的な使い方もあります。

 

ぜひ覚えて試してください!

 

 

意中の彼や初対面のイケメンにはこの使い方!

 

 

なんか香りで男性を虜にするってエッチな感じですが(^^;…

 

せっかくのリビドーロゼですんで、ベッドタイム以外に使っていいんです。

 

ただし、使い方はちょっと違いますので注意してくださいね。

 

 

接近、そしてさりげないボディタッチの時!

 

 

そう、恋が始まる古典的手法ですが(笑)、例えば片思いの彼氏とかには接近戦の機会を使って、ボディタッチをしちゃいましょう!

 

ボディタッチの威力は女性のあなたが思っている数倍も数十倍も効果があります。

 

余程嫌いな女性じゃない限り、肩とか腕にボディタッチをされると年齢問わず男性って、「この子、俺のこと好きなんじゃないかな〜?」スイッチが入っちゃいます。

 

間違いないです!^^

 

それも1回じゃなくって、わざとらしくなく2回、3回と繰り返すうちに確信に変わってくるみたいですよ。

 

その時に鬼に金棒の武器になってくれるのがリビドーロゼです。

 

男性は甘くて爽やかな香水の香りが大好きですが、やりすぎはかえって禁物です。

 

彼の横に行ったときに「ん?なんかいい香り?」って感じるレベル。

 

そしてボディタッチの時に、「あ、やっぱいい香りじゃん♪」って本能にビビッときます。

 

ですからつける箇所は手首にほんの少しと、プラスして胸元のあたりかお腹の下くらい。

 

手首の香りを男性がキャッチし、胸とかお腹からほのかに立ちのぼる「抱きしめたくなる香り」は最強です!

 

公式サイトなんかにも書いてありますが、香りはフェロモンを刺激しますので記憶に残ります。

 

加えてボディタッチしたあなたの顔も記憶に残るわけです。

 

そんな最強のボディタッチ、失敗は許されないのでコツを3つほど紹介します。

 

 

二人きりの時が最強

 

 

たくさんの人の前でボディタッチを多用したら、うれしいけどやっぱ警戒します。

 

特に会社の勤務中とか、ほかの女性が見ているときとかですね。

 

まあ、合コンとかはみんな気分が盛り上がったり、お酒も入ったりしますのでこの限りではありません。

 

職場なんかだと、二人っきりになったシチュでさりげなくボディタッチしましょう。

 

 

最初は明るい感じ、慣れると少し長めに

 

 

最初は「やだ〜!」みたいにツッコミっぽく腕を軽くたたくとか、怪しくない感じでするといいですね。

 

次第に会話が弾んできたら、腕を少し強めに触ってみるとかすると男性もドキドキが増してきますし、ストーリーとしても自然です。

 

 

女の子らしく甘える感じで

 

 

この辺のさじ加減を間違えると単なる「ぶりっこ」になってしまうので注意ですね。

 

男性はぶりっ子好きな人も多いんですが、やりすぎはダメ。

 

どうするかというと「頼りがいがある」って事をアピールさせてあげるんです。

 

例えば背が高い彼なら高いところの物を取ってもらったりして「さすが〜!」ってさりげなくボディタッチ。

 

ペットボトルの蓋が開かないふりして(本当は開けれてもいいんです(笑))、男性に開けてもらって、「わ〜、やっぱチカラあるんだね〜っ♪」って腕にボディタッチ。

 

ジムで鍛えてる男性なら、100%ゼッタイに腕や胸は触っても怒りません。っていうか超喜びます。

 

「わ〜凄い筋肉〜♪」とか言ったらもう鼻の穴パンパンですね(^^)

 

いかがですか?

 

あなたも色々工夫して、リビドーロゼ+ボディタッチで意中の彼のハートをゲットしちゃいましょう!

 

 

>リビドーロゼ公式サイト<

リビドーロゼ